部分矯正(MTM)

部分矯正(MTM)

部分矯正(MTM)

1)部分矯正の意義


「噛むのに不自由はないけれど、もう少し並んでいたら、より良いかな」

「斜めに倒れている歯を、もうちょっと真っ直ぐに起こした方が、噛む力に耐えられるかな」

「根っこだけしか無くて抜かないといけない歯を、引っ張り出すことで歯として機能して使えないかな」

「歯のなくなった場所に親知らずを動かして、噛めるように持ってこれないかな」


口の中のちょっとした不都合を、
大掛かりなことをせずに少しの工夫で、
より良い状態に改善するのが「部分矯正」です。



街づくりに例えれば・・

“邪魔な木を抜いたり切り倒したりして取り去るのではなく、美しい景観として、街並みに活かす”


家の補修で例えれば・・

“斜めの柱をそのままでなく、真っ直ぐにして利用することで、建物の強度を上げる”

など、そんなイメージでしょうか?


口の中に話を戻すと、

すきっ歯を閉じるために、あと少しだけ詰めて整え、見栄えを良くする。

少しだけ詰めてより良くなりました


あるいは、

斜めに倒れている歯が噛むと揺れたりして痛かったりするけど、
真っ直ぐになっていれば噛む力に抵抗しやすい。

や、

歯ぐきの中に深く残った根だけの歯に、差し歯をするのは難しいけど、
歯ぐきよりも上に引っ張り出してあげればそれも可能となる。


早々に駄目そうな歯に見切りをつけて抜歯するよりも、抜かずにその歯を活かす



また、一番奥の歯が無くなっていても親知らずがあれば、
それを移動させて元来奥歯があったかのように噛めるようにするなど、


一番奥歯を長年喪失後の、何もなかった場所の奥に親知らずがありました   MTMで親知らずの移動開始   本来あるはずの一番奥歯の場所に親知らずを持ってきました


ほんの少しのひと手間で、より良い状態になれる。

大掛かりな矯正装置でなく部分的に使用することで、装着期間も短くて済みます。


より良い結果になるためのひと工夫。
そんな治療が、部分矯正(MTM)なのです。




少し前までの手技は複雑でテクニックが必要でした。
しかし近年では材料の進歩によって、比較的簡便に治療ができるようになってきました。

矯正治療の一端である以上は歯を移動させるため、
歯を動かす時間をそれなりには頂く必要性があります。

インプラントとは異なって、もともとある自分自身の歯を使うため、
自分自身の身体に対して理にかなっていて、より自然な訳です。

そういった意味では、口の環境をより良くする “名脇役の治療方法”なのです。




2)当院における部分矯正(MTM)


・保存不可能と歯科医の半数以上が診断する歯を、
根の治療をした後にMTMで引っ張り上げて差し歯にする


・斜めに倒れている歯を真っ直ぐにすることで噛む力に耐えたり、
また、見た目だけでなくブラッシングがしやすい状態とした結果、
歯周病もなりにくい状態となる



これらが部分矯正治療(MTM)の用途で頻度が多いものです。



用いる矯正の手法としては、ワイヤー(針金)を用いたり、ゴムを用いたりと患者さんの状態によって材料の選択と創意工夫を凝らした上で様々な方法で治療を行います。


先にも述べた通り、全顎の矯正治療と比べてMTMは部分的な装置で治療ができるため痛みはほぼなく、治療期間も通常に比べて短いといえます。


受け口の状態で上の歯が生えてきました       上の歯を揃えると同時に前に持ってきました



小児の場合は生え変わりの時期の歯列不正や、受け口気味に生えてきたケースでタイミング良く治療すれば、最小限の介入で最大の治療効果が得られます。
(床矯正(小児矯正))

        生え変わりのタイミングにて、
最小限の介入で改善しました


成人の場合には抜歯が妥当と判断される状態の歯を、
抜かずに使おうとするために、歯根を持ち上げて活かす治療や

深いむし歯の歯を引っ張り上げて



斜めになっている歯を真っ直ぐにしたり、

斜めに倒れこんでいる歯を   創意工夫にて   真っ直ぐに起こしました



倒れた歯を引き上げるなど

ほぼ半数の先生方は抜歯と言われる症例ですが・・・   起こしながら引っ張り上げました   抜かずに済み、単独歯とし
て復活しました


こちらも、

少しの部分的介入で、現状の状態よりも良い口腔内環境を目指すことが可能です。

勿論、費用についても全体を矯正するより安く済むのです。


診療案内
  • 根の治療・土台(コア)
  • むし歯・無痛治療
  • 審美歯科・接着
  • ホワイトニング
  • 床矯正・食育
  • 予防・メンテナンス
  • 入れ歯
  • ブリッジ
  • 補綴
  • マウスガード(スポーツ歯科)
  • 部分矯正
  • 小児歯科
  • 顎関節治療
  • 口腔外科的分野
  • 歯周病治療
  • 自家歯牙移植
  • 技工へのこだわり
  • 訪問・障がい者・摂食嚥下
  • 心理カウンセリング・セカンドオピニオン