ホワイトニング

ホワイトニング

ホワイトニング

1)ホワイトニングの真実


ホワイトニングにも様々な種類があります。

よく巷にある歯を白くするグッズやエステサロン系列で行うものに比べて、歯科医院で行うホワイトニングは医療機関であるため、安全・安心・確実さがあります。

そもそも、安全に効果のある、国の認可を受けた薬剤成分を扱うには
医療免許が無ければなりません。



当院でも、医薬品だからこそデータによって「効果があり」と実証されているものを使っています。


歯の専門家であるからこそ、歯の構造を化学式のレベルで理解しており、ホワイトニングを行う時の光の照射(一番効果が出る光の波長など)の知識や副作用(痛みがでるケースやその際の対処法)などを全て理解しているのはやはり歯科医院です。

(市販で販売されているものは薬効効果が薄いために市販ができるのです。)



2)ドクターが行うホワイトニング


デンタルオフィス宮村ではホワイトニングのメリット・デメリットをすべて把握した
「歯科医師」がホワイトニングを行うため
、何よりも安心感が一番の利点です。
(衛生士に丸投げも致しません。)


当院では一般的にありがちな「1回○○○○円」というシステムではなく、ある程度満足頂いた段階で費用を頂戴する、というシステムです。(平均3回程度)


また、オフィスホワイトニングの場合は、
複数のホワイトニング剤を患者さんの状態に合わせて使用しています。


早い効果、持続する効果を目指したい方については
オフィスホワイトニング(医院での漂白)とホームホワイトニング(自宅での漂白)を組み合わせて頂くことも可能です。


照射する光は漂白効果が最も高い光の波長が出力される器械を使用しており、また、オフィスホワイトニングの場合は、ホワイトニング実施後にフッ素の入った薬剤で磨き上げることで歯質強化も同時に行っています。


1点だけ注意して頂きたいのは、患者さんがイメージしている白さと、現実に白くできる限度が異なり、イメージギャップが生じる可能性があるということです。
その点に関してはイメージの刷りあわせが必要となり、やはり歯科医院のほうに安心感があります。

しっかりとご納得をして頂いた上で、ホワイトニングを行うことが望ましいと思います。



3)オフィスホワイトニング(医院漂白)とホームホワイトニング(自宅漂白)、
  どちらがいいのか?


・1時間程度、歯科医院で寝ているだけで何もしないで歯を白くできる方法
(オフィスホワイトニング)

オフィスの口腔内 術中   オフィスの口腔内 術後    


・自分で気に入った白さになるまで自宅でコツコツやる方法
(ホームホワイトニング)

ホーム

と、ホワイトニングには大きく2つのタイプがあります。


ホーム薬剤 いずれにせよ、後者であっても歯科医院だからこそ処方できる薬剤を使うことでしっかりとした効果が期待できます。





当院ではオフィスホワイトニング、ホームホワイトニングの両方に対応をしています。

ホームホワイトニングについては、薬剤をつけるマウスピースが一番薄く違和感の少ないメーカーのものを使用しています。



4)ウォーキングブリーチ


ホワイトニングとは、神経が生きている歯を白く漂白することが一般的です。

それでは、神経がなくなった歯はどうすればいいのか?


よく相談をお受けするのは前歯などで神経を抜いてしまい、1本だけ黒ずんで気になっている、というものです。

ウォーキングブリーチ
「ブリーチング前」
  ウォーキングブリーチ
「ブリーチング後」
   


当院では「ウォーキングブリーチ」という、神経が死んでしまった歯に対しても歯の色を白く戻すことが可能です。


これは、歯科医師の技術の差が成功を左右します。


黒ずんだ歯で、普通であれば歯を削って被せなくてはいけないケースもこの技術を用いれば、歯を残したまま、歯を白くすることが可能です。
(ホワイトニングとの併用も可能です。)


ウォーキングブリーチ
「ブリーチング前」
  ウォーキングブリーチ
「ブリーチ6回目」
   


診療案内
  • 根の治療・土台(コア)
  • むし歯・無痛治療
  • 審美歯科・接着
  • ホワイトニング
  • 床矯正・食育
  • 予防・メンテナンス
  • 入れ歯
  • ブリッジ
  • 補綴
  • マウスガード(スポーツ歯科)
  • 部分矯正
  • 小児歯科
  • 顎関節治療
  • 口腔外科的分野
  • 歯周病治療
  • 自家歯牙移植
  • 技工へのこだわり
  • 訪問・障がい者・摂食嚥下
  • 心理カウンセリング・セカンドオピニオン